ニコラウス・コペルニクス


コペルニクス(1473〜1543)は、
ポーランドの司祭、天文学者。
当時の宇宙観は、宇宙の中心は地球であるとし、
太陽や惑星、その他全ての恒星は
地球の周りを回っているとする
「天動説(地球中心説)」が主流だった。
これに対してコペルニクスは太陽を中心とする
「地動説(太陽中心説)」を提唱し、
その理論は、以降の天文学の発展に
大きな影響を与えた。

閉じる